如何熟练地使用车内空调

哲学之道的猫
哲学之道的猫

发布于2019-11-19 09:20来源:原创 0 评论 3 点赞

暑い?寒い? カーエアコンの上手な使い方とは

热?冷?熟练地使用车内空调

 

ポイントは、内外気切り替え。また、冬場は暖まりすぎに注意。

重点是内外换气,冬季注要不要过度制热。

 

暑い日や寒い日、クルマの運転にエアコンは欠かせません。近年はカーエアコンの性能が向上し、ただ風が出るだけでなくさまざまな機能がついています。

不管是炎热的天气还是寒冷的天气,开车时空调都是不可缺少的。近年来随着汽车空调性能的提高,除了出风以外,汽车空调具备了各种各样的功能。

 

しかし、ちょうど良い温度設定にするのは難しく、上手に温度を設定するコツはあるのでしょうか。

但是,如何设定恰好的温度还是有点困难,那么调节温度有没有诀窍呢?

 

カーエアコンには、さまざまな機能が備わっています。それにともない、スイッチ類の数も多くなりますが、ほとんど場合は描かれたマークで、どのように使用するのか判断ができます。

汽车空调都有各种各样的功能,按钮也非常丰富,多数情况下可以通过按钮上的标记来判断如何使用。

 

基本的な機能としては、風量調整、温度調整、吹出し口調整、内外気切り替え、などがあります。車種によって操作方法や表示の仕方に違いはあるものの、同じような機能を持っています。

基本的功能不外乎调节风量,调节温度,调节吹出口,内外换气等。虽然根据汽车的种类不同,操作方式及表示方法可能会有稍许不同,但基本上功能都差不多。

 

 車内温度を快適にするためにもっとも簡単な方法は、AUTO機能の使用です。車内温度を設定した温度に保つ役割を果たします。しかし、温度の感じ方は服装や体調、個人差があるため、手動で設定することも重要です。

   将车内温度调至舒适的更简单方法就是使用AUTO功能。能够将车内温度维持在设定的温度。但是,每个人因为穿衣、个体差异对温度的感知也是不同的,所以学会手动设定也是非常重要的。

 

 また、快適な室内空間の重要なポイントとなるのが、内外気切り替え機能です。

   此外,维持舒适的室内环境其要点就是内外换气功能。

 

 車内と外気に温度差のある夏場や冬場の場合、乗車後しばらくの間は「内気循環」の設定が望ましく、「外気」にしておくと温度差の激しい外気を設定温度まで調整することは非効率であるうえ、エアコンに負荷をかけてしまい故障の原因となる可能性があります。

   在车内与室外温差较大的夏季与冬季,上车后可以开启“内循环”,如果此时设置“外气”的话,会因为较大的温差导致空调达到设定温度要消耗太多功率,此外还可能会因为空调的过负荷运转而引发故障。

 

 内気だけを循環させれば、設定温度に近い空気だけを循環させることができ、素早く、そして効率よく温度調整が可能です。

如果只让内气循环的话,可以让接近设定温度的空气循环,更快更高效地调节温度。

 

冬場の場合、送風口のモードスイッチは足元にするのがおすすめです。空気の温度は高くなるほど軽くなり、車内の上部に集まりやすくなります。足元の冷たい空気を集中的に暖めることで車内全体が温まりやすくなります。

冬季的话推荐将送风口的模式开关调成足部模式。空气的温度越高就会越轻,就越容易聚集到车内上部。将足部的冷空气集中加热可以使车内的整体温度更容易变暖。

 

また、顔に温風が当たり続けると乾燥やドライアイの原因となるほか、眠気を起こす場合もあり、それらの予防にも効果的です。

此外,如果温风直吹脸部的话不仅会造成脸部干燥、干眼症等问题,还可能引发睡意,因此设置成足部模式也能起到一定的预防作用。

 

 なお、夏場などに車内温度を下げたい場合は、窓を開けることも効果的です。カーエアコンを全開にしたいところですが、夏場の炎天下で駐車しているクルマの車内温度は40度以上まで達することがあり、カーエアコンだけでは効率よく車内を冷やすことができません。

   而夏季想要降低车内温度的话,可以打开车窗。虽然可以打开全部的车内空调,但是夏季的烈日下,停着的汽车其车内温度可达到40度以上,仅仅开启车内空调是无法有效地降低车内温度的。

 

外気で車内温度を下げるのが目的ではなく、車内の熱い空気を外に追い出すというのがポイントです。窓を全開にし、ある程度車内が涼しくなってから、エアコンを使用するのが効果的でしょう。

外气调节并不是为了降低车内温度,而是将车内的热气驱散到室外。将车窗全开,一定程度下可以使车内变得凉快,此时再使用空调就有效果了。


相关标签:

  • 车窗
  • 温度
  • 模式
  • 功能
  • 空调

发布你的看法