中国新車販売 初の世界一 1月73万5500台で米国抜く

海上心情
海上心情

发布于2020-07-15 10:53来源:原创 0 评论 2 点赞

中国的新车销售 首次名列世界第一 1月销售量达到73万5500辆 力压美国

【上海=河崎真澄】中国国営新華社電によると、中国自動車工業協会は10日、今年1月の中国国内の新車販売台数(速報値)が前年同月に比べ14・4%減の73万5500台になったと発表した。このうち乗用車は同7・8%減の61万600台だった。米調査会社が発表済みの同月の米新車販売台数(速報値)が65万6976台だったため“敵失”とはいえ、中国が単月の自動車販売台数で初めて米国を抜き、世界トップの座に立ったことが確認された。

【产经新闻 记者河崎真澄发自上海】

  据中国国营通讯社新华社报道,按照中国汽车工业协会10日公布的数据,比去年同月相比,今年1月,中国国内新车的销售台数(快报值)减少了14.4%,为73万5500辆。其中,乘用车同比减少了7.8%,为61万零600辆。而据美国调查公司已公布的数据,当月美国新车销售台数(快报值)为65万6976辆,虽有“胜之不武”之嫌,可以确认的是:中国的单月汽车销售台数仍超过美国,坐上了世界第一的宝座。

 米市場が急速に縮小する一方で、個人消費や地方自治体の購買を強く奨励する中国は乗用車を中心に底堅い需要があり、米国を上回った。耐久消費財の象徴である自動車販売で中国が米国を抜いたことで、金融危機に端を発した世界的な不況下で、中国の存在感が高まることになりそうだ。

与美国市场急速萎缩形成强烈对比的是:由于个人消费及地方政府大力鼓励购买活动,中国以乘用车为主的需求旺盛,从而一举超越了美国。作为耐用消费品的象征,中国的汽车销售超越了美国,在因金融危机所引发的世界性经济萧条的背景下,中国的重要性似乎得到了提升。

 中国政府が景気刺激策の一環として、1月20日から年末まで、排気量1600cc以下の小型車の取得税の税率を10%から5%に引き下げたため、小型車の販売台数は前年同月比で増加傾向にある。同協会では「全体の販売台数は前年を下回っているが、小型車の好調な売れ行きで、低迷していた中国市場に回復の兆しが表れた」と話している。

作为刺激经济政策的一环,从1月20日开始直至年末,中国政府将排量在1600cc以下的小型车购置税,从10%下调至5%,因此,与去年同月相比,小型车的销售台数出现了增加的趋势。据该协会表示,“虽然整体销售台数低于去年,由于小型车热销,阴云密布的中国市场出现了复苏的迹象”。

 先月の春節(旧正月)前商戦とも重なり、買い控えてきた層の購買意欲を刺激したようだ。小型車のうち国内メーカーによる自主ブランド車の占める割合は昨年の25・9%から、1月は29・7%に上がり、日系小型車の割合を上回った。

    上个月,春节前上演的激烈商战热力四射,似乎刺激了广大持币待购的消费者的购买欲望。在小型车的份额中,由国内厂家生产的自主品牌所占的比例,已由去年的25.9%,提高到今年1月的29.7%,从而超过了日系小型车的比例。

 中国の新車販売台数は1999年から10%以上の伸びを続け、2006年に日本を抜いて世界2位になった。08年は1000万台突破が期待されたが、世界的な景気後退の影響で前年比6・7%増にとどまり938万台。主力のセダンは504万台で、国内メーカーが約26%、日系メーカーが約31%だった。日系はホンダのアコード、トヨタのカローラ、カムリが多い。

    从1999年算起,中国的新车销售台数就一直保持每年10%以上的增长率,2006年超过日本,成为了世界第2。08年本来有望突破1000万辆,而在世界性经济衰退的影响之下,只实现了6.7%的同比增加,达到938万辆。其中,作为主力的轿车为504万辆,国内厂家约占26%,日系厂家约占31%。而在日系车型中,本田雅阁、丰田花冠、佳美所占的份额较多。

 中国自動車工業協会では09年の販売台数を5%増と見込んでいる。米市場は08年に18・0%減の約1324万台に落ち込み、今年も減少する可能性が高い。

    据中国汽车工业协会估计,09年的销售台数预计将有5%的增长。08年,美国市场减少了18.0%,下降至约1324辆,且今年减少的可能性仍然很高。

1月の新車販売台数が世界一となった中国で、慢性的に渋滞する北京市内の幹線道路=9日(共同)

    照片:中国1月份的新车销售台数已超过美国,图为饱受慢性塞车煎熬的北京干道交通(2月9日 共同社提供)

相关标签:

  • 新车
  • 中国
  • 厂家
  • 快报
  • 世界

发布你的看法