マグニチュード」と「震度」はどう違う

西红柿小生
西红柿小生

发布于2020-07-23 16:24来源:转载 6 评论 15 点赞

    地震じしんが起おきると、テレビやラジオ、インターネットですぐに地震速報じしんそくほうが流ながれる。この時とき、「震度しんど」と「マグニチュード」というふたつの単位たんいで報道ほうどうされるが、これらはどう違ちがうのだろうか。

 

   「震度しんど」は揺ゆれ幅はばの大おおきさをあらわすもの。かつては人間にんげんが判断はんだんしていたが、平成へいせい9年ねん(1997)以降いこうは各地かくちに設置せっちされた震度計しんどけいをもとに測定そくていされるようになった。震度しんどは10段階だんかいあり、もっとも小ちいさいものが0で、5と6は強きょうと弱じゃくの2段階だんかいがあり、7が最高値さいこうちだ。

 

    一方いっぽう、「マグニチュード」は地震じしんのエネルギーの大おおきさをあらわすものだ。これは地震じしんを引ひき起おこす断層面積だんそうめんせきとずれの大おおきさに比例ひれいする。断層だんそうの長ながさと幅はば、ずれの大おおきさの比ひはほぼ一定いっていなので、断層だんそうの長ながさがマグニチュードを予想よそうする目安めやすとなる。


发布你的看法